がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

培養の技術と安全性

国内トップレベルの培養技術

セレンクリニックグループの「免疫細胞療法」は、患者さんの細胞を一度体外に取り出し、人工的に培養してから再度体内に戻します。このため、細胞を扱う作業には、高度な技術を安全管理のもとで行う必要があります。
セレンクリニックグループでは、東京大学医科学研究所で開発された技術・ノウハウが基盤となっているテラ株式会社より設備、技術ノウハウ、情報管理など免疫細胞療法に関わる技術支援を受けて細胞培養を行っています。

ワクチンを培養している様子

細胞培養施設では、24時間365日、常に部屋ごとに温度・湿度・室圧などをコントロールし続けるため、厳重な管理が必要になります。そのため、免疫細胞療法を行う医療機関で、細胞培養施設を持つ医療機関の数はとても少なく、多くの場合は別の施設に細胞を運んで培養しています。セレンクリニックグループは、患者さんの細胞をいち早く培養するために、全国4箇所にあるセレンクリニック全てに細胞培養施設があり、患者さんから採血で採取した細胞は、この施設に運ばれ、訓練を受けた培養技術者が厳格な管理のもとでワクチンを作製しています。

これにより採血後すぐに培養ができ、また完成したワクチンは投与の直前まで細胞活性を保つことができます。
細胞培養施設を維持・運用することは簡単ではありません。しかし、これが患者さんに安全でより良い治療を提供していくことを第一に考えた結果です。

お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約