Tel. 03-6228-6644

受付時間:10:00〜18:00 
休診:日・祝

医療相談のご予約

乳がん
診断されたら、
ぜひ検討いただきたい
がん免疫療法

まずは無料医療相談へ

がん免疫療法統括医師
小林 正学

当院の乳がん
免疫療法 治療実績

乳がん免疫細胞
投与実績

※2019年12月現在

17,775投与

投与実績

[ 患者様ステージ内訳 ]

※2019年12月現在

ステージ内訳

治療実績

2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
201 275 280 302 321 322 343 380
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 合計
402 405 410 418 434 482 503 5478
※2005年1月~2019年12月

投与実績

2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
643 888 904 977 1,039 1,043 1,112 1,234
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 合計
1,307 1,317 1,333 1,359 1,412 1,571 1,638 17,775
※2005年1月~2019年12月

このようなお悩みをお持ちの
患者さまが来院されています

困ったマーク

乳がんの免疫療法のことなら
私たちにお気軽にご相談ください。

乳がんの治療実績がある医師が、
患者さまのお悩みや疑問にお答えします。

無料医療相談の
ご予約はこちら
お電話でもご予約いただけますTel.03-6228-6644

受付時間 10:00~18:00(日・祝除く)

乳がんについて

乳がんとは?

乳がんは乳管がんや小葉がんなどのいくつかの種類に分類されます。
40~60歳代の女性によくみられるとされ、マンモグラフィーや超音波検査によって診断されます。
「乳がん」と聞くと「乳房切除術」を思い浮かべる方も少なくないと思いますが、近年では「乳房温存術」という形式の手術も多く取られるようになってきました。
リンパ節等への転移が疑われる場合は、手術と同時にリンパ節郭清や放射線/化学療法が行われることもあります。

[ 乳管内進展乳がん ]

乳管内進展乳がん

乳がんにおいて、乳管内に沿って周囲組織に広がっていく種類のがんです。乳管内のがん細胞の範囲が広くなると、手術の際に広い範囲の乳房切除が必要となり、乳房温存療法が難しくなります。

[ 間質浸潤乳がん ]

間質浸潤乳がん

乳がんのうち、乳管の壁を破って周囲組織に広がっていくタイプです。間質という場所にがん細胞が進出していくと、血管やリンパ管も間質に存在するため、リンパ節転移や遠隔転移をきたしやすくなります。

乳がんの3大標準治療

がんの3大標準治療は、手術抗がん剤放射線治療です。
標準治療とは、臨床試験の結果をもとに、専門家の間で合意を得られている治療法です。
乳がんは検査に表れない大きさで全身へ転移している可能性が高いため、乳房だけでなく全身を視野にいれた治療が必要と言われています。
そのため、外科療法や放射線療法のほかに、多くの場合で薬物療法を行って全身の治療をしていきます。

外科療法(手術)

外科療法(手術)

乳房のがんに対して「乳房温存手術」か「乳房切除術」、リンパ節転移が疑わる場合は「腋窩リンパ節郭清」、そして切除後の胸部に対して「乳房再建術」という手術が行われます。
手術方法の選択は、転移などの状況も鑑みて総合的に患者さんと相談していきます。

放射線療法

放射線療法

乳がんでは、乳房温存手術を行った方や、リンパ節転移がみられた方に対して放射線治療が検討されます
手術後に行われることが一般的で、放射線により特定の箇所のがん細胞の減少・消失を図ります。皮膚炎や腕のむくみがみられることが多くあります。

化学療法(抗がん剤)

化学療法(抗がん剤)

がんのタイプや状態により、術前か術後、もしくはその両方で薬物療法が検討される場合があります
乳がんの薬物療法では、がん細胞の感受性によって、「化学療法」だけでなく「分子標的治療薬」や「ホルモン薬」の複数剤投与が検討されることもあります。

そして、乳がんの第4の治療法と言われる免疫療法

がん免疫療法をプラス がん免疫療法をプラス

現在、がんに対する治療技術は目覚ましく向上しています。
しかし、手術・抗がん剤・放射線治療といった標準治療だけでは、期待する効果が得られないこともあります。
こうした状況の中で、新たな選択肢として注目を集めているのが「免疫療法」です。
がん細胞は健康な人でも1日に約5,000個生まれていますが、細菌やウイルスなどの外敵を排除する免疫細胞によって排除されています。
「免疫療法」は免疫細胞を採血により取り出し、培養・強化して再び投与することで、自己の免疫力によりがん細胞を攻撃する治療法です。
がんの勢いを抑える標準治療と組み合わせることで、治療効果の向上が期待できると言われています。

免疫療法の中でも
がんだけを狙い撃ちする
樹状細胞ワクチン療法について

樹状細胞ワクチン療法とは?

免疫細胞の一つ「樹状細胞」の働きを利用した免疫療法です。
樹状細胞は、体内に入ってきた外敵の特徴を攻撃役のリンパ球に伝える働きを持ちます。
この樹状細胞にがん細胞が持つ目印(がん抗原)を与えることで、リンパ球ががん細胞を狙い撃ちできるようにするのが 樹状細胞ワクチン療法です。
樹状細胞の元となる細胞を採血により患者様から取り出し、体外で培養・強化した後、がんの目印を与えた上で体内に投与することで、 リンパ球に確実に指令が届き、がん細胞をピンポイントで攻撃することができます。

樹状細胞ワクチン療法 樹状細胞ワクチン療法
動画で見る

樹状細胞ワクチン療法

セレンクリニックグループが行う
樹状細胞ワクチン療法の3つの特徴

Point 1

Point 1

東京大学や大阪大学など、
大学の研究に裏付けされた技術

セレンクリニックグループが提供する『樹状細胞ワクチン療法』は東京大学医科学研究所で生まれた培養技術と、 大阪大学の特許技術に基づいて作成された特殊なタンパク質「WT1ペプチド」を使っています。 「WT1ペプチド」とは、様々ながん種のがん組織に含まれているタンパク質のひとつで、当クリニックではがんの目印となる 人工がん抗原として使用しています。『樹状細胞ワクチン療法』は、わかりやすい目印を使うことで、リンパ球ががん細胞を ピンポイントに攻撃できるため、どのがん抗原を使用するかが重要なポイントです。

Point 2

Point 2

独自の培養施設を所有。
樹状細胞の品質へのこだわり

『樹状細胞ワクチン療法』は、患者様の細胞を一度体外に取り出し、人工的に培養してから再度体内に戻します。そのため、培養を行う施設は安全管理の徹底が求められています。 セレンクリニックグループは、クリニックとして培養施設を有しているので、別の施設に細胞を運んで培養するということはございません。 患者様から採取した細胞は、即座にクリニックの所有する培養施設に運ばれ、訓練を受けた培養技術者がワクチン作製を行います。 これにより、採血後すぐに培養ができ、完成したワクチンは投与の直前まで細胞活性を保つことが可能となります。

Point 3

Point 3

5,000件(※)以上の症例に基づく
「がん免疫療法セレンメソッド」

私たちは、2005年から約14年間、5,000件(※)を超えるがん免疫療法を行う中で、セレンクリニックグループ独自の「がん免疫療法セレンメソッド」を 創り出しました。免疫力を高める『樹状細胞ワクチン療法』と、がん細胞の免疫ブレーキを解除する『免疫チェックポイント阻害剤』を 併用するのが「がん免疫療法セレンメソッド」です。その他、『活性化リンパ球療法』や『NK(ナチュラルキラー)細胞療法』などの免疫療法や、 放射線やカテーテル、温熱治療の併用など、がん治療に実績のある医師が患者様に合った治療方法を選択し、ご提案します。

2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年
201 275 280 302 321 322 343 380
2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 合計
402 405 410 418 434 482 503 5478
※2005年1月~2019年12月

がん免疫療法統括医師よりご挨拶

がん免疫療法統括医師 小林 正学 がん免疫療法統括医師 小林 正学

がん免疫療法統括医師小林 正学

免疫細胞を用いた治療は、日本で30年前より独自の進化を遂げてきました。
NK細胞療法や活性化リンパ球療法からはじまり、がんへの攻撃⼒を⾼める改良がなされ、樹状細胞ワクチン療法へと進化してきました。がんを攻撃する上で優れた性能を持つこの細胞を⽤いた治療を、FDA(アメリカ⾷品医薬局)が世界に先駆けて承認したことでも有名です。

また、オプジーボやキートルーダなどで知られる免疫チェックポイント阻害剤が世に出てきたことで、免疫療法は⼀気にがん治療のメジャーな選択肢となりました。免疫療法のなかでも「樹状細胞ワクチン療法」と「免疫チェックポイント阻害剤」を組み合わせた「複合免疫治療」は、免疫の機序からみると⾮常に理想的です。
私たちは放射線治療、⾎管塞栓カテーテル治療、温熱療法などと樹状細胞ワクチン療法を積極的に組み合わせて⾼い治療成果を得ています。

樹状細胞ワクチン療法を含めた複合的治療である「セレンメソッド」は、流⾏り廃りに関係なく、この先、3年後、5年後、10年後と、さらに進化していく治療と確信しています。患者さまが、セレンクリニックの免疫療法に早く出会い、治療の成果を実感できることを期待してお待ちしています。

【経歴】
平成14年 富山医科薬科大学 医学部卒業
     名古屋市立大学 外科に入局
平成15年 中野胃腸病院、トヨタ記念病院 外科
平成19年 名古屋市立西部医療センター 城北病院 外科副部長
平成23年 セレンクリニック名古屋、名古屋市立大学放射線科

【所属学会】
日本免疫・細胞治療学会 理事
日本外科学会認定登録医
日本消化器内視鏡専門医

よくあるご質問

お問い合わせ

乳がんの免疫療法のことなら
私たちにお気軽にご相談ください。

乳がんの治療実績がある医師が、
患者さまのお悩みや疑問にお答えします。

受付時間 10:00~18:00(日・祝除く)

アクセス

〒104-0061
東京都中央区銀座 2-5-4
ファサード銀座3F

診療日
診療時間
10:00-18:00

×

×

電車でお越しの方

・東京メトロ有楽町線 銀座1丁目駅6番出口 徒歩1分
・東京メトロ銀座駅(銀座線・有楽町線・日比谷線) A10出口 徒歩6分
・JR有楽町駅(京橋口) 徒歩5分

お車でお越しの方

・首都高速都心環状線銀座出口より3分

セレンクリニックグループとは

がん免疫療法において15年の歴史を持つセレンクリニックグループは、アメリカに30カ所、世界各地に拠点を持つ幹細胞治療・アンチエイジングの「セネジェニックス研究所」より、日本における拠点医療機関に正式に認定されました。

今後はセネジェニックスグループのがん免疫療法部門セレンクリニックグループとして、免疫療法、幹細胞治療を多角的に選択し、より高質ながん治療の提供を目指します。

セレンクリニック東京

〒104-0061
東京都中央区銀座 2-5-4
ファサード銀座3F

アンジュクリニック馬車道

〒231-0015
神奈川県横浜市中区尾上町5丁目−69
KIT関内ビル7階

セレンクリニック名古屋

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄四丁目14-2
久屋パークビル 2F

セレンクリニック神戸

〒650-0002
兵庫県神戸市中央区北野町1-1
コトノハコ神戸1F
新神戸メディカルビレッジ