がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

免疫システムを使った治療とは

「免疫」とは何か、ご存知でしょうか。
免疫とは、体の中に入ってきた細菌やウィルスなどの外敵を排除するために、体に備わった力のことです。
例えば、風をひいたときには、鼻水やたんなどと一緒に、ウィルスを外に出そうとします。

免疫 最近やウィルスなどの外敵を排除する体の力

がんと免疫のシステムには深い関係があることが知られています。免疫システムには免疫力を高める「アクセル」の機能と、免疫力が抑制される「ブレーキ」の2つがあり、このバランスが保たれていることが重要です。

免疫のアクセル機能 免疫力を高める アクセルが効き過ぎると花粉症など 免疫のブレーキ機能 免疫力を抑える ブレーキが効き過ぎるとがんなど

実は、健康な人の体内でも1日に約5,000個ものがん細胞が発生していると言われています。しかし、全ての人ががんにかかるわけではないのは、免疫システムが働き、免疫細胞ががん細胞を攻撃するからです。がん患者さんの場合、免疫システムの「ブレーキ」が非常に強く働いているため、がんに対する免疫力が抑制されていると考えられています。
当院の免疫細胞治療は、アクセルの機能を強めることでがん細胞を攻撃しようというのが、基本的な考え方です。がんに対する免疫の働きは、単に免疫力を上げればすむものではありません。当院の免疫細胞治療は、複雑な免疫の働きをコントロールする細胞培養技術によって、がん細胞だけを選択的に攻撃することができる治療です。

がん患者さんの場合 ブレーキが効きすぎている状態 →バクセル®効果→ バクセル®で免疫システムのアクセルの機能を強め、がんを攻撃
お問い合わせ・資料請求/医療相談ご予約