がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

がんワクチンの抗腫瘍メカニズム

抗腫瘍とは?

抗腫瘍とは、がん細胞の増殖を抑えたり、がん細胞を死滅させたりする抗がん作用のことを言います。
例えば、抗がん剤はその名が示す通り、がん細胞の増殖を抑制する効果を持つ抗腫瘍薬の一種です。
抗がん剤を始め、各治療法が持つ抗腫瘍効果を活かして、がん治療が行われています。
がんワクチン治療もその独自の抗腫瘍メカニズムを利用して、がん治療に効果を上げています。

がんワクチンの抗腫瘍メカニズムとは?

がんワクチン治療では、免疫細胞が敵だとみなして攻撃する目印(がん抗原ペプチド)自体や、敵の目印を教えられた樹状細胞を、ワクチンとして体内に注入します。
がん細胞を攻撃する免疫細胞、中でもとりわけ殺傷能力の高いキラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTLとも)と呼ばれるリンパ球を活性化させることで、抗腫瘍効果を発揮します。

つまり、人のからだにもともと備わっている抗原抗体反応、免疫の力を人為的に強めることで、抗腫瘍効果をもたらします。
この抗腫瘍効果ががんワクチンの抗腫瘍メカニズムで、抗がん剤とは異なるメカニズムで作用しています。

がんワクチンの抗腫瘍効果は予防にも期待できる?

抗原抗体反応を利用したがんワクチン治療では、がん細胞をやっつける能力を持つ免疫細胞であるリンパ球が、敵である抗原(がん抗原ペプチド)の顔を記憶します。
そのため、リンパ球ががん細胞を見つけると、敵とみなして攻撃し、がん細胞の増殖を抑える作用が長期にわたって続きます。
この抗腫瘍メカニズムにより、がんワクチンは再発予防にも効果があると期待されています。

がんワクチン治療は研究段階にある治療法です。
その抗腫瘍メカニズムは、さらに詳しく解明されていくと考えられます。
がんワクチン治療は、患者さん一人ひとりに合わせたテーラーメイド医療(個別化医療)として、大きな役割を担っていくことが期待されています。

がんワクチン治療「ペプチドワクチンと樹状細胞ワクチン療法」の違いページへ