がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

がんワクチン治療とは?

がんワクチン治療とは

手術療法、放射線療法、抗がん剤(化学)療法の3大治療に加え、「第4のがん治療」として注目されているのが、がんワクチン治療です。

標準治療である3大療法だけでは思うような効果が得られなかったり、副作用で治療を断念しなくてはならなかったりすることも、がん治療においては大いにありえます。
こうした標準治療だけではがんを克服できなかったがん患者さんにとって、新たな治療法として期待されているのが、がんワクチン治療です。

がんワクチン治療のメリット

3大治療も日々進化しており、治療によるダメージは随分と軽減されてきました。
例えば、抗がん剤(化学)治療一つをとっても、分子標的薬のような新薬や抗がん剤の副作用を予防・軽減する支持療法の発達などによって、副作用は大幅に改善されています。

放射線療法にしても、陽子線治療、重量子線治療などの治療法が生まれています。
これらの治療法は、がんだけを狙って、ピンポイントで照射することで、正常な細胞へのダメージを最小限に抑え、副作用が少ないことで知られています。

しかし、副作用などによって治療が続けられなくなる患者さんもまだまだ少なくありません。
正常な細胞を傷つけず、がん細胞だけを狙うがんワクチンは、副作用が少ないのがメリットです。また、通常は通院で治療が行えるのも、患者さんにとって大きな魅力になっています。

がんワクチン治療の流れ

がんワクチン治療とひと言でいっても、いろいろな治療法があります。
代表的なものに樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン治療が挙げられます。

それぞれの療法によって、治療の流れは異なってきますが、予防接種のようにワクチンを注射するという点は共通しています。
ワクチンの投与スケジュールもまた、患者さんの状態、がんの種類、抗がん剤といったほかの治療法との組み合わせなどによっても、変わってきます。

がんワクチン治療「ペプチドワクチンと樹状細胞ワクチン療法」の違いページへ