がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

なぜ「ワクチン」と呼ばれるのか?

「がんワクチン」と呼ばれる由来は?

通常、ワクチンとは予防接種ワクチンを指します。
予防接種ワクチンの場合、弱毒化した、あるいは死んだ病原体を体内に接種します。
そして、免疫細胞の一種であるリンパ球に敵であると記憶させ、次に同じ敵が侵入してきた際にすぐに攻撃できるようにします。
このように人がもともと備えている免疫システム(抗原抗体反応とも呼びます)を利用して、感染症を予防しようというのが予防接種ワクチンです。

この免疫システムの働き、抗原抗体反応を人為的に誘導して、がん細胞をやっつけようとすることから、従来のワクチンの意味するところとは異なりますが、がんワクチンにおいても、「ワクチン」の名が使われるようになりました。
リンパ球ががん抗原を記憶し、がん細胞を見つけると攻撃する作用が続くため、予防接種ワクチンと同様、長期にわたり効果が期待できます。

がんワクチンの利用範囲は?

がんワクチンは、膵臓がんや前立腺がんといった固形がん全般を始め、血液がんなど、あらゆるがんに利用することができると考えられています。

ただし、臨床試験や治験を通じてがんワクチンを利用する場合、対象となっているがんで、条件の合う患者さんに限られます。

がんワクチンを投与する時期は?

がんワクチンは免疫システムに働きかける治療法であるため、体内でがん細胞と闘うキラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTLとも呼ばれます)が増加し、効果が表れるようになるまでに時間がかかります。
そこで、手術療法や放射線療法、抗がん剤(化学療法)といった標準治療との併用が一般的です。

手術療法や放射線療法などでがんを取り除いたり、小さくしたりした後に、がんワクチン治療を行うことで、よりがんワクチンの治療効果が期待できるとされています。

抗がん剤との組み合わせで治療を行う場合、抗がん剤によってダメージを受けたリンパ球の数値が上がってくるのを待って、がんワクチンを投与することが必要になってきます。抗がん剤投与との兼ね合いで、数値を見ながら、がんワクチンの投与スケジュールを決定していきます。

がんワクチン治療「ペプチドワクチンと樹状細胞ワクチン療法」の違いページへ