がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

がんワクチンとは何か?

予防接種ワクチンとがんワクチンの違い

近年よく耳にするようになった「がんワクチン」。
ワクチンというと、通常、インフルエンザや三種混合のような予防接種を思い浮かべる方が多いことでしょう。

がんワクチンは、主にがんになってしまった患者さんの治療に使われるワクチンのことを指します。
毒性を弱めた病原体を体内に接種することで抗体をつくり、感染症にかかりにくくする従来のワクチンとは異なります。
がんワクチンは、体内にすでにあるがん細胞を攻撃するために使われます。

がんワクチンの仕組み

そもそも人の体内では、毎日がん細胞が生まれていますが、免疫細胞が働いてがん細胞をやっつけてくれているのです。
この免疫システムに狂いが生じると、がん細胞が増殖し、がんにいたります。
そこで、人のからだにもともと備わっている免疫システムの力を借りて、がん細胞を攻撃しようと生み出されたのが、がんワクチンです。

がんワクチンは、がんだけに特異的に発現しており、殺し屋の名で知られる免疫細胞(キラーT細胞。細胞傷害性T細胞=CTLとも呼ばれます)が敵だとみなして攻撃する目印(がん抗原ペプチド)を特定します。
この目印そのもの、あるいは目印情報を与えられた樹状細胞をワクチンとして体内に入れることで、がんを攻撃するCTLを大量に発生させ、治療します。

がんワクチンと抗がん剤の違いとは?

がんの標準治療の一つに、抗がん剤(化学)療法があります。
抗がん剤は、がん細胞の増殖を防いだり、がん細胞自体をやっつけたりする薬剤です。
しかし、がん細胞をやっつける代わりに、正常な細胞、ひいては免疫システムにもダメージを与えてしまうため、副作用が大きいことで知られています。

がんワクチンは、免疫システムの働きを人為にパワーアップさせることで副作用を抑え、がんを治療しますが、抗がん剤はがんワクチンの正反対とも言える存在です。
しかし、近年ではある特定の分子にターゲットを定めて攻撃する分子標的薬と呼ばれる抗がん剤が次々と開発され、副作用も軽減されてきています。

がんワクチン治療「ペプチドワクチンと樹状細胞ワクチン療法」の違いページへ