がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

膵臓がんと樹状細胞ワクチン療法

膵臓がんと樹状細胞ワクチン療法

免疫力を活かしたがん治療とは?

がんの三大治療として、手術・抗がん剤・放射線治療が挙げられますが、三大治療に続く治療法として期待されているのが免疫療法です。

免疫療法とは、もともと人体に備わっている免疫の力を人為的に高めることで病気をやっつけようとする治療法のことで、がんワクチンなどが挙げられます。

近年では、がん細胞には免疫機能にブレーキをかける免疫抑制作用があることがわかってきました。
そこで、がん細胞による免疫抑制作用を解除することを目的とする、免疫チェックポイント阻害療法のような新たなメカニズムを持った治療法や、遺伝子改変T細胞移入療法などが登場し、がんの免疫療法は新たな時代を迎えています。

樹状細胞ワクチン療法の特長

第4の治療法として期待も大きいがんワクチンの一つに、樹状細胞ワクチン療法があります。

樹状細胞ワクチン療法では、患者さんから採取した樹状細胞を体外で培養し、がんの目印を認識させて、患者さんの体内に戻します。敵の目印を教え込まれた樹状細胞は、自身の持つ敵の情報を元にT細胞(細胞傷害性T細胞=CTL)に敵を攻撃するよう指令を出すため、がん細胞のみを狙って攻撃することが可能になると考えられています。

樹状細胞ワクチン療法をはじめ、がんワクチンは、正常な細胞を傷付けないため、副作用が少ない治療法として知られています。
また、通院での治療が可能なため、高いQOL(生活の質)を維持しながら治療を受けられるメリットもあります。

がんワクチンは膵臓がんにおいても期待の高い治療法ですが、標準治療として承認された治療法ではないため、治療が受けられる医療機関が限られていたり、公的医療保険が適用されないため高額になりがちであったりといった課題も抱えています。

膵臓がんと樹状細胞ワクチン療法の相性

膵臓がんは自覚症状があまりなく、進行した状態で見つかることの多いがんです。見つかった時には、最も治癒につながる治療法である手術が不可能であることも少なくありません。
また、膵臓がんは主要な血管やほかの消化器、リンパ節などと密接しているため、再発・転移しやすいがんでもあります。

切除不可能と診断された膵臓がん、あるいは再発・転移が見られた膵臓がんにおける主な治療法は、抗がん剤となりますが、副作用のために抗がん剤が継続できないといったケースも見られます。

樹状細胞ワクチン療法は、選択肢の少ない進行膵臓がん治療における一つの選択肢として、臨床試験が行われ、有効性を示す報告も出てきています。
膵臓がんの公的医療保険の対象となる標準治療、つまり薬事承認を目指して、引き続き、臨床試験が実施されています。

免疫細胞療法の特性ページへ

膵臓がん治療免疫療法説明会

膵臓がん無料医療相談