がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

抗がん剤治療の種類と各メカニズム

抗がん剤治療とは

抗がん剤治療と言うのは、悪性腫瘍であるがん細胞に対する治療法の一つです。
抗がん剤には点滴や内服などがあり、効果の高いものや効き目のまで多数の種類があります。

新しい治療薬の開発は日々進んでおり、その中で効果が優れていると認められたものはガイドラインという形で全国の病院で標準治療として採用されます。一般的にがんの治療と言えば手術が思いつきますが、手術ができないとき、手術の効果を高める時などに抗がん剤治療が使用され、病気の性質や病期(ステージ)により必要性の有無が判断されます。例えば血液のがんといわれる、白血病や悪性リンパ腫などは手術よりも抗がん剤が優先され、大腸がんなどは病期(ステージ)で抗がん剤の必要性を判断します。

抗がん剤治療の種類とは

抗がん剤の特性にはいくつかの種類があります。
特に最近開発が進められている種類が分子標的薬というものです。
分子標的薬はがん細胞の特定の分子に作用することで効果を著しく高め、一方で副作用を減らすことを目的としている画期的な薬剤です。

血液がん、肺がん、胃がん、大腸がんなど様々な分野で開発が進んでいます。一般的によく使用されている種類としては、がんのDNAを破壊するもの、白金製剤、植物由来のものなど様々ありますが、がんの種類により効果の出やすさが違うため適切な治療法を選択する必要があります。

抗がん剤治療に副作用はある?

また抗がん剤にはどんな種類でも必ず副作用があります。
残念ながらいくら副作用が少ない薬が開発されたとしても抗がん剤は作用が非常に強力なため副作用を完全に無くすことは困難と考えられています。

自覚症状が出るものとしては皮疹や脱毛、しびれ、嘔気などがあり、骨髄抑制(白血球などがさがり抵抗力が落ちること)や肝障害などは検査をしなければ分かりません。その他にもいくつかあります。ただしこれらの副作用を事前に起こさないようにする薬なども開発されており、治療そのものを過度に恐れる必要はありません。

チームワークで取り組む抗がん剤治療

最後に抗がん剤の治療の選択、導入は患者と医師の関係だけでなく、チームワークでのサポートが必要となってきます。病名は同じでも患者の希望や体質で治療法が変わってくることがあります。
どういう治療法が良いのか、どのくらいの効果が見込めるのか、副作用が起きた時にすぐに対応できるようにするなど、お互いに良い関係を築いておくことが大事です。抗がん剤に対する適切な知識を身に付けより良い治療を受けられるように努力をしていきましょう。

抗がん剤治療の種類と各メカニズム

免疫細胞療法の特性ページへ