がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

放射線治療の種類と各メカニズム

放射線治療の種類とは

Radiotherapy Simulator
がんの治療は、一般的に、手術、抗がん剤、放射線治療があります。そのなかで、放射線治療とは、どのような治療なのかをみていきましょう。

放射線によるがん治療とは、細胞が分裂して増えるとき、増殖するのに必要な遺伝子に作用し、細胞が増えないようにすることで、がん細胞を消滅させたり、がん細胞を少なくする、という仕組みです。放射線治療は、このような放射線の作用を利用して、治療を行います。

また、放射線治療に用いられる放射線の種類には、X線、γ(ガンマ)線、電子線などがあります。このほかにも、陽子線、重粒子線といったものもありますが、これは一部の施設で行われている治療法で使用される放射線です。

放射線治療を受けるまでの流れやメリット

数あるがん治療の方法として、放射線治療は、どういったときに選択されるのでしょうか?
放射線治療の利点としては、体の一部を切除せずに、がんになる前と同様な機能の保持が期待できるというところです。

しかし、がんであれば、何でも放射線治療ができるというわけではありません。がんのできる場所やがんの種類などによって、効きにくいこともありますし、放射線治療の適応のないがんもあります。

こういった放射線治療を行えるかどうか、ということは、がんができた部位や種類、画像所見(CT、MRI、エコーなど)、採血などの検査をふまえて、医師が判断するのです。

放射線治療による副作用はあるのか?

放射線治療による副作用は、主に、放射線を当てた場所に起こります。治療中や治療直後に現れるもの(これを急性期副作用といいます)と、半年から数年たってから現れるもの(これを晩期副作用といいます)があります。
また、症状の起こり方や副作用のあらわれる時期には、個人差があります。

一般的な副作用としては、体がだるい、疲れやすい、気力が出ない、食欲がない、放射線の当る皮膚の赤みやかゆみ、吐き気、下痢、口の中の渇き、口内炎、脱毛といった副作用があります。その他、血液検査では、体の血液中の成分である赤血球・白血球・血小板の数値が低下するといった副作用もあります。

がんの種類や治療した場所により、放射線治療の効果は大きく異なり、副作用の起こり方も様々なのです。

免疫細胞療法の特性ページへ