がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

がんの発症メカニズム

がんはどのように発症するのか

私たちの体は約60兆個の細胞からできています。
それぞれの細胞は、同じ役割をはたす細胞と一緒になって、体のそれぞれの部分、つまり皮膚、神経、筋肉、内臓などをつくっています。

ふつうの細胞は、増えすぎもせず、減りすぎもせず、バランスよく存在しているのですが、そのようなバランスに関係なく、勝手に増え続ける細胞を、がん細胞と呼びます。
がん細胞はまわりの正常な細胞を壊したり、その働きを妨げることがあります。

しかし、普通の細胞がいきなりがん細胞になるわけではありません。
がん細胞は、正常な細胞の遺伝子に傷がつくことで起こります。
細胞の遺伝子の傷は一度にできるのではなく、年をとるにつれて多くなり、徐々に長い時間をかけてできていくということが分かっています。

実は、がん細胞は健康な人の体の中でも1日数千個つくられており、体の免疫力により退治されています。
ところが、免疫力が落ちていたり、年をとって遺伝子の傷が増えることにより、がん細胞がつくられる数も増えると、がん細胞が生き残りやすくなるのです。

がんが見つかるまでにかかる時間は?

1つのがん細胞が、検診でみつかる1cm程の大きさになるまでには約10~20年かかると言われています。

ちなみに、1cm程のがんでは症状が全くないことがほとんどです。がんができた部位によって症状がでてくるまでの時間は変わりますが、約2~3cmの大きさになると症状がではじめることが多いのです。
また、1cmのがんが2cmになるのに約2年といわれています。大きくなればなるほど、がん細胞が増えるスピードが速くなり、他の部位にも広がっていきます。これを「進行がん」と呼びます。

つまり、1つのがん細胞が早期のがんになるまで時間はかかるのですが、早期のがんが進行がんになるまでは、あまり時間はかからないのです。

がんを早期にみつけるためには

日本では、3人に1人ががんで亡くなっており、がんは決して珍しい病気ではありません。

がんを疑うような症状が出てきたときには、すでにかなり進行して治療が難しくなっているケースが多くあります。
つまり、がんの治癒のためには、無症状のうちに、検診でみつけて早期治療をすることが大切なのです。
日本では、子宮がん、乳がん、大腸がん、肺がん、胃がんの早期発見には検診が有効といわれていますので、積極的に活用しましょう。

免疫細胞療法の特性ページへ