がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

がん細胞とは?

がんとはどんな細胞なのか

がん細胞

がんをつくる「がん細胞」とはどのようなものなのでしょう。私たちの体をつくっている、正常な細胞とはどう違うのでしょうか。

まず、正常な細胞は体や環境の必要性によって、増えたり、増えるのをやめたりすることを繰り返しています。例えば、けがをすれば傷口を修復するために細胞が増え、治るとそれ以上増えることはありません。
つまり、体からの信号によってコントロールされているのです。

しかし、がん細胞は違います。
体からの信号をきかず、増える必要のないところでも増え続け、近くの組織に広がったり(浸潤)、血流やリンパにのって運ばれ、離れた組織でもがん細胞のかたまりをつくったり(転移)します。また、他の正常組織が必要とする栄養を奪い、体を衰弱させてしまいます。
このがん細胞のかたまりをがん、または悪性腫瘍と呼びます。

がん細胞はどのようにできるのか

ではなぜ、がん細胞はできるのでしょうか。

がん細胞は、何らかの原因で正常な細胞になるはずの遺伝子にいくつもの傷がつくことで発生するとされています。
遺伝子は細胞をつくるうえでの設計図になるものなので、遺伝子を間違ってしまうと出来損ないの細胞が出来てしまいます。
この細胞ががん細胞であり、本来備わっているはずの体の信号に従う能力がありません。

がん細胞が発生する仕組みについては研究が重ねられており、有力な説として「多段階発がん」が考えられています。これは、何年もの期間をかけて異常が積み重なっていくことで悪性度の高い、がん細胞が完成するとされる説です。

また、遺伝子に傷がついて起こる異常として、「細胞の増殖が止まらなくなる状態」(がん遺伝子が異常に活性化してしまうもの)と「細胞増殖を止めるストッパーが壊れてしまう状態」(がん抑制遺伝子がうまく働かなくなるもの)が知られています。

がん細胞を発見するためには

がんの発見のためには、現段階では血液検査、内視鏡検査やレントゲンやCT、MRIなどの各種画像検査、核医学検査が主にはなりますが、がんの遺伝子異常のメカニズムを利用して、がんの種類によっては血液や便中のごく少量の異常な遺伝子を検出し、早期発見に繋げる検査なども実用化がすすめられています。

免疫細胞療法の特性ページへ