がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

免疫療法に関係する世界的なニュース

img09

がん免疫療法とは

がん免疫療法は、世界が認める権威ある科学雑誌『サイエンス』において、2013年の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」のトップに選ばれるなど、世界が注目する治療法です。
「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」とは、『サイエンス』がその年に発表された研究の中から最も発展的なものに対して与える賞で、数多ある科学研究の中から、がん免疫療法が選ばれたことは大きな意味を持ちます。

がん免疫療法が注目されている背景には、悪性黒色腫(メラノーマ)の治療薬として米国で認可されたイピリムマブといった抗体薬、つまり免疫抑制を解除する作用を持つ免疫チェックポイント阻害剤などが高く評価されたことにあります。
がんの免疫療法は、これまでの免疫細胞を活性化することでがんに対する攻撃力を強化しようとする方向から、免疫抑制を解くことで体にもともと備わっている免疫力を活かしてがんを克服しようとする方向へと変わってきています。

がん免疫療法の現在

コーリーワクチンに始まったがんの免疫療法は、現在ではがん細胞による免疫抑制解除が大きな鍵を握っていると言われています。

がんワクチン治療や免疫細胞療法などにおいても、免疫抑制の解除は大きなテーマとしてとらえられています。
免疫細胞を活性化させる一方で、免疫抑制の解除ができれば、これらの免疫療法の効果も強化される可能性があります。

今後、免疫療法はがんワクチン治療や免疫細胞療法と免疫チェックポイント阻害薬との組み合わせなど複数の免疫療法との組み合わせや、標準治療を含むその他の治療法との組み合わせなどで、臨床研究が行われていくと考えられます。

また、免疫機能に働きかける免疫療法は、がんの種類や症状、患者さんの状態などにより個人差が大きいため、治療効果を測るバイオマーカーなどの研究も同時に進められていく必要があります。
がん免疫療法は、実用化へ向けた新たな段階へと突入する流れにあると言えるでしょう。

免疫療法の安全性について

樹状細胞ワクチン療法やペプチドワクチン治療、NK細胞療法など、従来の免疫療法は、がん細胞のみに作用し、正常な細胞を傷付けないため、副作用が少ないことがメリットとして挙げられました。

多くの免疫療法は、確立された治療法ではないことから、安全であると言い切ることはできません。免疫抑制を解除するという新たなメカニズムを持つ免疫療法の登場により、重篤な副作用の可能性も指摘されています。

免疫抑制を解除する免疫チェックポイント阻害療法に並ぶ、第5世代の治療法として名高い遺伝子改変T細胞療法においても「これまでの免疫療法において指摘されてきた樹状細胞などからの敵(抗原)の伝達情報が十分ではなく効果が限定的」という問題を解決する治療法であるとされています。
一方で、重篤な副作用の可能性が課題として挙げられています。

国内外問わず、臨床研究が重ねられることで、免疫療法の安全性についても明らかになっていくと考えられます。

免疫細胞療法の特性ページへ