がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

自然免疫と獲得免疫

img05

自然免疫とは?

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」があります。
自然免疫とは、ウイルスや細菌などの敵が体内に入ってくると、敵の目印に関係なく真っ先に駆けつけてやっつける免疫反応のことで、マクロファージ、顆粒球、NK細胞といった免疫細胞がそれにあたります。

食細胞であるマクロファージは、顆粒球がウイルスや細菌などの敵を食べてやっつけます。NK細胞はウイルスや細菌に感染した細胞を破壊し、死んだ細胞は掃除屋でもあるマクロファージが食べて片付けます。

自然免疫の由来は「人が生まれつき持っている免疫反応である」ことからきています。
自然免疫はあらゆる動物に備わっている、自分の体をウイルスや細菌から守る大切な仕組みです。

獲得免疫とは?

獲得免疫とは、自然免疫の目を盗んで体内で増殖を始めたウイルスや細菌、がん細胞のような病原体が現れた時に活躍する免疫です。
敵(抗原)の目印を認識し、敵に合った闘い方ができる高度な免疫反応を指します。

この免疫反応の際には、T細胞やB細胞といったリンパ球が活躍します。敵(抗原)に出会うと、これらのリンパ球が大量に増殖され、強い殺傷能力を示すのです。

このように獲得免疫は、生まれつき備わっているものではなく、敵(抗原)に出会うと、その敵に応じた闘い方を学んで記憶します。そのため、次に同じ敵に出会った時に、すぐに攻撃をしかけることが可能です。
また、獲得免疫は後天的に獲得される免疫反応であるため、自然免疫と分けて獲得免疫と呼ばれます。
この獲得免疫の仕組みを活用し、病気を予防したり、治したりする目的でワクチンが生まれました。

自然免疫と獲得免疫の役割の違いとは?

かつては、敵(抗原)の目印に関係なく攻撃を加える自然免疫の働きは、とにかく見つけた敵を食べて殺すことにとどまると考えられていました。
しかし近年では「自然免疫細胞には獲得免疫細胞に敵の情報を伝えて、獲得免疫の働きを活性化させる」という情報伝達役としての重要な役割があることが分かってきました。

自然免疫の力では手におえない敵が現れた時が、獲得免疫の出番なのです。

自然免疫細胞であるマクロファージから「敵が侵入した」という情報を受け取った獲得免疫細胞であるヘルパーT細胞は、キラーT細胞を発動させて敵を攻撃させます。また、B細胞に敵(抗原)に対する抗体をつくらせ、援護射撃します。同時に、B細胞やT細胞が敵の顔や敵との闘い方を記憶し、次の敵の侵入に備えます。

また、マクロファージがヘルパーT細胞に情報を伝える際に重要な役割を担っているのが樹状細胞です。敵をより効果的に攻撃できるよう、敵(抗原)の目印情報を伝えます。

こうした自然免疫と獲得免疫の連携により、体はウイルスや細菌、がん細胞といった敵から身を守っています。中には、自然免疫と獲得免疫の両方の特徴を併せ持つNKT細胞(ナチュラルキラーT細胞)のような細胞もあります。

免疫細胞療法の特性ページへ