がん免疫療法セレンメソッド外来

がん免疫療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

樹状細胞ワクチン療法の臨床研究・臨床試験

img16

樹状細胞ワクチン療法の臨床研究について

樹状細胞ワクチン療法には、自己がん組織樹状細胞ワクチン療法、人工抗原樹状細胞ワクチン療法、局所樹状細胞ワクチン療法の3つの種類があります。
自己がん組織樹状細胞ワクチン療法では、既に手術を行った後であったり、手術でがん組織を採取することが難しかったりと、患者さん自身のがん組織を入手することが困難なケースが少なくありません。また、局所樹状細胞ワクチン療法では、がんがワクチン注射をできる箇所にあることが条件となります。

そこで、患者さん自身のがん組織が手に入らなくても治療を行うことができ、がんの種類を問わない、人工抗原樹状細胞ワクチン療法が、より多くの患者さんに適応可能な治療法として浮かび上がります。
樹状細胞がより効果的に敵を狙い撃つようキラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTL)に指令を出す上で鍵を握るのが、がんの目印情報であるがん抗原です。樹状細胞ワクチン療法の臨床研究においては、より多くの患者さんに、かつ患者さん個々に対して効果を発揮する人工のがん抗原の研究開発に、大きな力が注がれています。

また、樹状細胞ワクチン療法単独での臨床研究にとどまらず、手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)といった標準治療を始め、ほかの治療法との併用による効果を確かめる臨床研究も、国内外で進められています。

樹状細胞ワクチン療法の臨床試験について

樹状細胞ワクチン療法は、標準治療として確立した治療法ではありません。そこで、この治療法の研究開発に関わる医療機関と企業が協力し合い、標準治療としての承認を目指して、臨床試験が行われています。

臨床試験が重ねられるなかで、信州大学医学部附属病院による樹状細胞ワクチン療法のように、先進医療として認められるものも出てきました。ワクチンの医薬品としての承認を目指し、大きな一歩を踏み出している企業も存在します。樹状細胞ワクチン療法の実用化に向けた、積極的な取り組みが、複数の医療機関で実施されています。

樹状細胞ワクチン療法で期待されていることとは?

樹状細胞ワクチン療法の最大のメリットは、患者さんの高いQOLを維持しながら、がんと闘えるという点にあります。
ほかの正常な細胞には作用せず、がん細胞のみを攻撃するため、3大標準治療と比較しても副作用が少ないことで知られています。入院の必要がなく、通院で治療が受けられるのも、患者さんのQOL維持に貢献しています。

このように患者さんにとって魅力が大きい一方、標準治療ではないため、全額自己負担となり、経済面での負担が大きいことが課題です。患者さんにとって身近な治療法となるために、樹状細胞ワクチン療法には、臨床試験で治療効果を示し標準治療として認可されることが期待されています。

また、ペプチドワクチン治療とともに、第4のがん治療として注目された樹状細胞ワクチン療法ですが、遺伝子改変T細胞療法、免疫チェックポイント阻害療法といった、第5世代とも言える治療法が次々と現れ、主役の座を譲り渡している感も否めません。そうした状況の中で、これらの治療法とも併用しながら、樹状細胞ワクチン療法が効果的な治療法であることを証明していくことも今後求められていくと考えられます。

患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドとして、QOLを維持しながらの延命が期待できる治療法という立ち位置から一歩踏み出し、がん治癒に効果を発揮する治療法として、樹状細胞ワクチン療法は、新たな局面を迎えていると言えます。

樹状細胞ワクチンのしくみと種類のページへ