がん免役療法 がんワクチン治療・樹状細胞ワクチン療法なら

樹状細胞ワクチン療法とは?

img10

樹状細胞とは?

樹状細胞は免疫細胞の一つで、木の枝のように伸びた突起の形状から、樹状細胞と呼ばれるようになりました。体内のあらゆる組織や器官に存在しており、表皮にあるものはランゲルハンス細胞、筋肉内のものは間質細胞といったように、存在する場所によって名称が異なります。

リンパ球などに抗原(敵の目印)を教えて(「抗原提示」と言います)、攻撃させる司令塔の役割を担う免疫細胞です。

免疫には、大きく自然免疫と獲得免疫があります。自然免疫では、ウイルスや細菌などの敵を見つけるとすぐに攻撃をしかけるマクロファージ、顆粒球、NK細胞といった免疫細胞が働き、病気を防いでくれています。
これらの自然免疫の目を盗んで増殖を続ける、ウイルスや細菌、がん細胞といった敵が現れた時が、樹状細胞を始めとする獲得免疫をコントロールする細胞の出番です。獲得免疫では、抗原を認識した上で、それぞれの敵にもっとも効果的な闘い方ができます。

この獲得免疫の強力な攻撃力を可能にしているのが、樹状細胞の抗原提示能力です。1973年にラルフ・スタインマン博士によって樹状細胞が発見される以前にも、既に自然免疫であるマクロファージに、抗原を獲得免疫に伝える抗原提示の働きがあることは判明していましたが、スタインマン博士の研究により、樹状細胞には自然免疫以上のより強力な抗原提示能力があることがわかってきました。

樹状細胞ワクチン療法の仕組み

樹状細胞が敵の目印(抗原)を伝える抗原提示能力に優れていることが判明したことで、免疫療法と呼ばれる、人体に備わる免疫の力を利用する治療法に、大きな変革がもたらされることになります。

その一つが、がんワクチン治療として知られる、樹状細胞ワクチン療法です。抗原提示能力が高いということは、つまり、「がん細胞はここにいる」と敵を認識した上で、がんだけを攻撃できるということです。樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞のこの働きを利用した治療法です。

樹状細胞ワクチン療法では、体外で人工的に培養した樹状細胞にがん抗原(敵の目印)を教えて強化したのちに、患者さんの体内に戻します。敵の顔を記憶した樹状細胞が、リンパ球などの攻撃隊に敵の情報を伝え、がんをやっつけるよう指令を出します。その情報を受け取った攻撃隊は、それを基にがん細胞のみを狙い撃つため、副作用が少なく、より効果的に、がんを攻撃することが可能になると考えられています。

樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチン治療の違いとは?

がんワクチン治療と呼ばれるものには、主に樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチン治療が挙げられます。がん抗原を教え込まれた樹状細胞を注入する樹状細胞ワクチン療法に対し、がん抗原自体を注入するのがペプチドワクチン治療です。

樹状細胞ワクチン療法では、培養・強化された樹状細胞が自身の持つ敵の情報を基に、キラーT細胞(細胞傷害性T細胞=CTL)に敵を攻撃するよう指令を出します。一方、ペプチドワクチン治療においては、がん抗原が注入されたことで、敵がやってきたと錯覚した樹状細胞が、この目印を持つがん細胞だけを狙い撃つようキラーT細胞に指令を出すという流れになります。

こうしたメカニズムの違いはありますが、樹状細胞ワクチン療法もペプチドワクチン治療も、樹状細胞の抗原提示能力を利用した治療法という点で共通しています。

樹状細胞ワクチンのしくみと種類のページへ